フィラリア予防薬の例|ペットに寄生する害虫たちを駆除/害虫駆除薬をご紹介

フィラリア予防薬の例

水色と白のカプセル

フィラリア症とは、内部寄生虫であるフィラリアが、蚊を介してペットの体内に寄生することで起こる症状です。
寄生当初はまだフィラリアも幼虫で、そこまで目立った症状が出ることはないのですが、この幼虫が心臓部や肺動脈付近にたどり着き、そのまま成虫にまで成長したときが恐ろしいのです。
フィラリアの成虫は長い糸状の体をしており、人間が肉眼で確認できるほどの長さになることもあります。
そんなサイズの寄生虫がペットたちの血管内に寄生していると、当然血流は悪化し、身体に悪影響を及ぼしてしまうのです。
呼吸困難や血尿など、フィラリア症の症状はどれも深刻なほか、最悪の場合はペットの命を奪う可能性もあります。

ハートガードプラスは世界的にも有名なフィラリア予防薬で、蚊が発生する時期から投与することで、フィラリアの寄生を防ぐことができます。
フィラリアのタマゴや幼虫に対して高い殺虫作用を持っており、成長を抑制した状態でそのまま死滅させることができます。
ペットの体内でフィラリアが増えないように防いでくれるほか、この効果は1ヶ月間持続するため、月に1回の投与をするだけで強力な予防薬として効果を発揮してくれるのです。

ハートガードプラスはチュアブルタイプの錠剤ですので、犬が好む味に加工されています。
錠剤を嫌うワンちゃんも多いですが、チュアブルタイプであればおやつ感覚でスムーズに摂取してくれますよ。

ハートガードプラスにはストロングハートプラスなどのジェネリックもあるので、ぜひチェックしてみてください。